プチ断食ダイエット

手軽にはじめられるプチ断食ダイエット

プチ断食ダイエットは実に簡単に取り組むことができるダイエット方法だと思います。

 

最初にやろうと思うときは、きっとご飯を食べないとお腹がすいて眠れないんじゃないか?とか私にはできないんじゃないか?とか色々思うとは思いますが、やってみると意外と簡単にできる事が分かります。

 

あまり制限しちゃうと「辛い」と感じちゃって断食もできないとは思うのですが、野菜ジュースとかしょうが入り紅茶とか色々断食中に飲むようにすれば、意外にあっさり克服出来ちゃったりします。たとえば野菜ジュースなんかも何種類か用意しておくというのもいいかもしれませんね。

 

プチ断食への障害、それは意思と時間だと思います。食事を取らないという意思、これはなかなか難しいものですよね。もしお子さんや旦那さんがいるのなら、ご飯を作らなきゃいけないということになりますので、作っているのに我慢しなきゃいけないという意思を貫くのはかなりのハードルの高さになると思います。
また、次に難関なのは時間です。まぁ堅い意思があれば時間なんて作れるのですが、二日間断食のために時間を取るというのはなかなか難しいものです。

 

誰かと約束していると、その友達にも合わせなければならないし、ストレスもお互いにたまってしまうことになります。できればプチ断食を行うときはゆっくりできる時間が二日間は取れるときにやりたいと思うのが理想かもしれませんね。

 

どちらにしても苦痛にならずに、手軽に出来る、気楽に出来るという考えで取り組むのがいいと思います。

 

 

休日を利用してプチ断食をしてみましょう!

 

プチ断食というのをやってみたいけど、やり方が分からないのと、やるとなっても通常の日じゃ出来ないんじゃないかと思う人も多いと思います。

 

普通のサラリーマンの人だと、出来るのが土日しかないと思っている人も多いと思いますが、ここでプチ断食としていいのが週末を利用して行うプチ断食です。金曜日、土曜日、日曜日の3日間で断食をしてみるのです。

 

まず、金曜日はプチ断食を始める前準備の日ということで朝、昼は普通に摂取し、夜をいつもより少なめに摂取します。

 

この前準備の日を行うことによって体に断食をするということを教えてあげるのです。

 

次に土曜日の断食の日ですが、まったく飲まず食わずというのは体には逆に悪いです。ですから、空腹を紛らわせるために野菜ジュースやしょうが紅茶などを飲んでおきましょう。

 

野菜ジュースも市販の物は意外にカロリーがあるので、摂取しすぎには注意しましょう。

 

また、何もせずに一日家にいると食事のことばかり考えてしまう可能性もありますので、軽い運動をしたり寝てみたり好きなことをして一日を過ごしましょう。

 

プチ断食の最後の日は回復する日として、朝食は体がびっくりしないようにおかゆなど消化がいいものを食べましょう。

 

このときも早く食べないでゆっくり食べるようにしましょう。昼食はいつもの半分の量にしましょう。

 

夜は普通に食べるようにしましょう。しかし食べすぎはよくありません。せっかく小さくなった胃も元に戻ってしまいます。

 

よく噛んでゆっくり食べるように心がけてください。

 

 

平日のプチ断食ダイエット

 

プチ断食をしてみようかと考えている人にとって、いつするかは結構悩みどころかもしれません。週末にしてみたいけれども色々な予定が入っていてなかなか難しい・・・。

 

そういう人は意外と多いのではないでしょうか?

 

そこで、平日にプチ断食をしてみるというのはいかがでしょうか?

 

これは朝食をジュースなどに置き換えるという断食方法です。こうすることによって、昼食までまたは夕食までの半日くらいプチ断食をするということになります。

 

だいたい夕食を19時位までに取るようにすると、次の日の昼食までの12時までは何も食べないということになり平日にプチ断食をするということになります。

 

とても簡単な方法だと思います。

 

ポイントとしては夕食を早めに食べること、その後寝るまでは夜食など間食を一切取らないことです。

 

但し、どうしてもお腹がすいたというひとは野菜ジュースなどで空腹を満たしましょう。

 

この方法は意外に効果も高いし、簡単に出来るのでお勧めです。

 

この方法をより効果的にするには、週末のプチ断食も一緒に行うのがいいとは思うのですがなかなか難しいですよね。

 

しかし組み合わせることによって、まず週末のプチ断食で体重が減ります。そして平日に食事を取ることによって体重が少し戻ります。

 

その戻った体重を平日のプチ断食でまた徐々に減らしていくというわけです。こうすると確実に減っていくのが分かると思います。

 

しかし、無理してやると制限している分暴飲暴食になりがちなのでそこは意識しつつ上手に取り入れていきダイエットを成功させましょう。