炭水化物や糖分の摂り過ぎに注意

炭水化物や糖分の摂り過ぎに注意

食生活に脂肪燃焼を妨げるような何かの理由を抱えていると、脂肪燃焼ダイエットのために一生懸命運動をしているのに効果が出ない、ということがおきる可能性もあります。

 

脂肪を燃焼させてダイエットできるような体にしていくためには、炭水化物や糖分の摂りすぎは決してよくないので、食生活を振り返って見なければなりません。

 

炭水化物や糖分は体脂肪より優先してエネルギーに使われます。

 

糖分や炭水化物を摂りすぎないよう心がければ、脂肪燃焼の効率をあげることが可能になるでしょう。

 

また運動前に炭水化物を多く取り入れた食事をしないようにすると、効果的にダイエットで脂肪燃焼させることができます。

 

血糖値は、糖が体内に吸収されやさい食材が摂りこまれると急激に上昇するため、脂肪が消費されなくなるのです。

 

とはいえ、ダイエットのためだからと食べずに運動をすると、体がいわゆる飢餓状態になって逆に脂肪をためやすい体になってしまいます。

 

高たんぱく質を少し増やした食事を、運動をする数時間前に摂るようにすると効果的です。

 

また体脂肪には、脂肪を貯め込む白色脂肪と、エネルギーを消費して人間の体温を維持するための褐色細胞とがあります。

 

このうち褐色細胞の方が脂肪燃焼に一役買うものなので、ダイエットではこの褐色細胞を活用していくといいでしょう。この褐色脂肪細胞は体の中の肩胛骨、首の後、脇の下などの極めて限られた部分だけにしかありません。

 

ここに寒冷刺激を与えて刺激を与えるなどすると脂肪燃焼効果がアップします。