余分なカロリーを摂取しない【ダイエットの基本】

余分なカロリーを摂取しない

ダイエットをするためには余分なカロリーを摂取しないよう食事には気を配らなければなりません。

 

人の基礎代謝は基本的に10代半ばを過ぎると、だんだん低くくなっていきます。

 

こちらの「日本人の基礎代謝基準値」が参考になります。
加齢とエネルギー代謝

 

成人を超えたころから太りだした人をみてみると、若い頃と同じ量の食事をしているためにカロリーオーバーになっているということがよくあります。

 

脂肪燃焼ダイエットでは大雑把でもカロリー計算をして必要以上のカロリーを摂らないようにしましょう。

 

 

リバウンドについて

 

運動を継続して行うことで脂肪燃焼を行っていると、そのうち体重が減っていたのが一時とまることがあります。

 

これは体が消費エネルギーを無駄に使うまいとするために起こるもので、適応現象というのです。

 

適応現象は数週間で終わりますが、この時点でダイエットを中断したり、食事の量を元に戻したりすると脂肪燃焼が止まり、体脂肪が逆に増加します。

 

これがあのリバウンドと呼ばれる現象なのです。

 

それから、有酸素運動の前後でもし水分を摂らないと汗の量が減ってしまい、体温調節もきちんとできなくなるので、脂肪燃焼ダイエットとしての運動では、十分な水分摂取は非常に大切なことなのです。

 

脂肪燃焼のダイエットをしているときは、カロリーの高い食品は避けるようにし、水を飲むだけで太るということはないと考えるようにしましょう。

 

ポテトチップスのような油を使ったスナック菓子は、カロリーも相当高いので、できるだけ控えるようにしましょう。

 

しかし絶対食べないとするような方法はストレスの元になるので、食べる頻度を少なくしたり、食べるときも少しだけにすればいいのです。