やせる生活習慣【ダイエットの基本】

やせる生活習慣

肥満は生活習慣が原因で起きることが多いと言われており、やせるためにはまず生活習慣を改善することが大切だといえます。

 

それは親が太っていると子供も太っていることが多いことからもわかります。

 

遺伝によって肥満体質を受け継いでしまうこともありますが、遺伝は実は3割であとの7割は家庭での食生活や食事の内容によることが多いのです。

 

太りやすい生活習慣を家族でしてしまうことこそが原因なのです。

 

肥満の大敵である悪い食事の摂り方、つまり早食い、まとめ食い、間食などが自分の食習慣にないか、まずは自己管理をすることが、やせることにつながるのです。

 

このような生活を振り返る「行動療法」は食事や運動とともに肥満対策に必要なことで、まず食事の日記をつけることからはじめ、誰と、どこで、何を、どれくらい食べたかを記していきましょう。

 

そうすることで、自分の食生活に問題がないかがわかってくるでしょう。

 

夜更かしをして夜遅くにものを食べたりすると、胃がもたれて朝食が取れなくなり、食事が不規則になるうえに脂肪がたまりやすくなってしまうので、そのような悪い習慣は避けなければなりません。

 

そして日ごろからできるだけ歩くようにし、歩けるような距離を車や電車に乗らないようにすることなども大切です。

 

また常日頃から床掃除をこまめにするなどして体を使うことを心がけ、エレベーターのかわりに階段を、という生活をするといいでしょう。

 

やせるためにはストレスをためることも明らかに悪い影響があり、イライラしてやけ食いに走ったりしないよう、好きな音楽を聴いたり、スポーツで汗を流してすっきりストレス解消ができるような環境を作ることも大切です。

 

やせるための生活習慣を心がける為には、まず自分の生活そのものを振り返って太る原因を取り除くことからやってみるとよいかもしれません。

 

 

やせるための食事と運動

 

食事内容をコントロールして摂取カロリーを抑えることは、やせるためには確かに必要なことです。

 

ダイエットを始めると、ひたすら食べないようにしたり、野菜しか食べなくなったりと、極端なことをする人がいますが、それでは健康的にやせることは不可能です。

 

だいたい一週間に1sくらいのペースで落とすのが危険のない範囲です。

 

数々の種類の食品を、少しずつ食べるようにすることが、ダイエットをしているときの食事として望ましい形です。

 

6つの基礎食品を考慮した食事法がありますが、少々面倒でもこれは効果があります。

 

食品の偏りがないようにきちんと摂りながらやせたいと思っている人には効果が出てくるでしょう。

 

人には脳の中に満腹中枢というものを持っていて、これが20分くらいになると満腹の指令を出します。

 

食事をするときに急がずゆっくりと食べるようにすることで、満腹中枢が満腹の指令を出すまでの食事量をすくなくすることができるのです。

 

やせるために必要な運動量を調べてみると、運動中は汗はかくが、運動しながら会話ができる程度が理想的なやせるための運動量となります。

 

姿勢を正し、大きな歩幅でリズミカルに歩くと効果が上がり、また継続できるように無理をせず時間を決めて歩くことなどが大切です。

 

1日7000歩くらい、時間にすると1時間以上を目安にして、食事の直後を避け、早朝か夕方に歩くのが効果的です。

 

日々の生活のなかでもなるべく歩くよう工夫し、会社ではエレベーターを使わない、通勤の途中一駅前で降りて歩く、通勤は車をやめてバスや電車を利用するなどがやせるために効果的な運動です。