お腹の脂肪の正体

お腹の脂肪の正体

スタイルが気になっていると、薄着になる季節だとますますお腹のまわりの脂肪などが気になりだすでしょう。

 

プヨプヨしたお腹やぽっこりと出た下腹など、お腹に脂肪がつきやすい女性にとって、それは本当に大きな問題なのです。

 

ではこのお腹の脂肪の正体はいったいなんなのでしょうか。

 

女性のお腹の部分にはちょうど子宮があるために、命に関わる大事な部分は、守られるためにもともと脂肪がつきやすいので、脂肪がついてしまうのです。

 

そして女性ホルモンの働きが、この脂肪に深く関係しているのです。

 

これと反対に男性ホルモンには、皮下脂肪の代わりに内臓脂肪をためこむ働きがあります。

 

当然皮下脂肪がつく量は男性に比べて女性のほうが多くなり、それは1.5倍ほどだということです。

 

そして閉経後の女性は女性ホルモンの減少に伴い男性と同じように内臓脂肪がつきやすくなりますので、食生活などに注意が必要です。

 

また男女共通していえることですが、肋骨から下のお腹の部分には骨組みがありません。

 

それで内臓を守ったり空洞のお腹を保護するためにも、筋肉や脂肪はどうしてもつきやすくできているのです。

 

このように人間にはお腹に脂肪を溜め込んで、体を守ろうとする機能が働いているということなのです。

 

それがブヨブヨしたお腹になってしまうのは、新陳代謝が鈍くなったり、食べ過ぎたりすることによって必要以上にその脂肪がついてしまうからだということでしょう。